「ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結」オープニング、エンディングの曲は?

ピースメーカー腕太過ぎ!

ということで、、、

2021年8月公開「スーサイド・スクワッドシリーズ」の続編!第2弾!極悪党集結!

ガイ・リッチー節炸裂のオープニングからぶっとびグロアクション全開のハイテンションムービー!もう何が何だかよくわからないですが、、、

最高ってことです!そして曲もハンパなかった!

では、どうぞ!

オープニング曲 

歌手名 Johnny Cash(ジョニーキャッシュ) 曲名 Folsom Prison Blues

冒頭の1発目に流れた曲がこちら。チョイスが渋い!

ジョン・R・”ジョニー”・キャッシュ(John R. “Johnny” Cash、1932年2月26日 – 2003年9月12日)は、アメリカ合衆国のシンガーソングライター。

ジョニーキャッシュ ※レコード版

さらに味わい深いです。

歌手名 The Jim Carroll Band 曲名 People Who Died

銃撃戦後のタイトルバックで流れた曲がこちら。曲名まんまですね(笑)

歌っているのは、パンクミュージシャンのジム・キャロルが率いる「ジム・キャロル・バンド」

曲を聞くだけで気合い入ります。

CDはこちら→

エンドロール曲

歌手名 Culture Abuse  曲名 So Busted

続いてラストエンドロール前に流れた曲がこちら。

歌っているのは、カリフォルニア,サンフランシスコ出身のパンクロックバンドCulture Abuse」(バンドは2020年7月に解散)

リードシンガーであるデビッド・ケリングが脳性麻痺を患っていることで有名です。

ケリングは、「普通の人間なら、あなたには障害者がいる」というメディアの物語と戦い、「彼らの子供もヒーローになることができる」ことを両親に示しようとしました

 ※wikipediaより和訳したもの。

歌手名 grandson(グランドサン) 曲名 oh no!!!

エンディング曲がこちら。歌っているのは、アメリカ、ニュージャージー出身の歌手、グランドサンこと「ジョーダンエドワードベンジャミン」

ジャンルの枠に囚われることなく、強烈なメッセージを放つ彼の曲。

今作のエンドロールにドハマりしてます。

グランドサンのマストな1枚はこちら→

最高にイカしてます。

さらに挿入歌も!

今回は名曲づくしでしたので、挿入歌もご紹介!

The Decemberists 「Suckers Prayer」

The Fratellis   「Whistle For The Choir」

grandson & Jessie Reyez 「Rain (from The Suicide Squad)」

Pixies 「Hey」

あとがき

洋画が軒並み延期されていた中、久しぶりにロックな映画が見れました。土曜の夜に映画館でポップコーンを食べながら見るには最高の作品かと。

ちなみに今回もっとも気になったキャラクター「ピースメーカー」。彼のスピンオフ映画も制作中とのこと。これは見逃せないですね。

ではでは、最後までありがとうございました。

「スーサイド・スクワッド」サントラ。もう1回見たくなりますね、、、。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする