「Mr.ノーバディ」オープニング、エンディングの曲は?

こんにちは。6月11日に公開した「Mrノーバディ」早速鑑賞してきました。映画館で洋画が観れるのは嬉しい限りですね!

痛快アクション、テンポもよく「サクッ」と見れました。

そして、気になる音楽も最高。古き良き名曲から、最近の曲までてんこ盛り。

では、どうぞ。

オープニング曲はニーナ・シモン(Nina simone)の「悲しき願い」

意味ありげなシーン(取調べ室)から始まる本作。ここで「悲しき願い」とは(笑)観た人はもうお分かりですね。堅気には戻れないという、、、ちなみにラストでも流れるのがにくいです。

歌っているのは、アメリカ出身のジャズ歌手「ニーナ・シモン(1933年2月21日 – 2003年4月21日)」哀愁のあるハスキーな歌声が胸に染み渡ります。

エンドロール曲はバニーシグラー(Bunny Sigler)の「Let The Good Times Roll & Feel So Good」

ラストはオープニング曲の「悲しき願い」で締めていく訳ですが、、、この演出もよかったですね。家族にはバレてしまいましたが、了承も得られましたからね。「地下室付きの家は必須」ということで(笑)

そして、この流れからエンディング曲。アメリカ出身のR&B歌手「バニー・シグラー」の代表曲「レット・ザ・グッド・タイムス・ロール・アンド・フィール・ソー・グッド」が流れます。タイトル(曲名)は長いですが、控えめに言ってカッコ良すぎ。

ここからは、「劇中歌」をご紹介!

今作では歴代の名曲も山ほど流れたのでこちらも合わせてご紹介!すべてではないですが、思い出せる範囲で。どの曲もバッチリハマってます。

曲名「Life Is A Bitch」歌手名「ルーサー・アリスン」

曲名「Accountant」 歌手名「Combination」

曲名「この素晴らしき世界」 歌手名「ルイ・アームストロング」

言わずと知れた名曲です。

曲名「Copper」 歌手名「Overall」

劇中で流れたトランスミュージック

曲名「Heartbreaker」 歌手名「パット・べネター」

パンチあります。ベストアルバムはこちら。

曲名「ユール・ネヴァー・ウォーク・アローン」 歌手名「Gerry & The Pacemakers」

などなど、、、曲を聞くとシーンが浮かんできますね。

※思い出したら追記していきます!

サウンドトラックも

エンドクレジットでは「Mr.ノーバディ」のサントラも流れましたね。こちらもGood!

あとがき

この感じだと「続編」もありそうですね。改めて(コロナになる前は当たり前すぎて気付きませんでしたが)ですが、、、映画館で、、、金曜日の夜に、、、「ポップコーンを食べながら観る映画」は最高ですね。では、ありがとうございました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする